法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
個人事業主のための税理士ガイド | 11月13日更新

会社設立の挨拶と宣伝

会社設立

・会社設立後の挨拶は大事
会社設立後の挨拶は、会社を設立したことを周りに知らせる宣伝にもなります。
今回は、挨拶のマナーと会社を宣伝するための方法を、いくつか紹介したいと思います。

・会社設立の挨拶はどこにすればいい?
会社設立をした時に挨拶する相手は、取引先を始め、付き合いのある友人や、元いた会社の職場の上司、知人や、会社を設立するにあたって協力してくれた人、親や兄弟などです。
必ず送らなければならないというわけではありませんが、近しい間柄の人に対しては、挨拶を送るのがマナーだと考えられます。
挨拶をすることで、近しい人たちから口コミで、会社を宣伝してくれるかもしれません。
会社設立の挨拶は、宣伝の一面もあるということを念頭に置いて、丁寧に行っていきましょう。

・会社を宣伝する方法
会社設立の手続き、設立後の書類提出、得意先への挨拶が済んだら、今度はいよいよ本業ということになります。
本業で利益を出すには、やはり会社の宣伝は欠かせません。
会社の宣伝というと、広告やTVコマーシャルという手段が一般的でしたが、今はSNSが強力な販促ツールとして活用されています。
Twitterやインスタグラム、ブログ、ホームページなど、インターネット系のツールを使って会社の存在をアピールすると、効果的に会社をブランディングできるでしょう。

・SNSを育てて会社の宣伝に使う
SNSで会社設立をしたことを公開することで、フォロワーに一気に拡散され、会社の知名度が広がります。
フォロワー数が多ければ多いほど会社の宣伝になりますので、個人の時からコツコツとフォロワー数を増やしていくことを、やっておいた方がいいでしょう。
ただし、TwitterのようなSNSの場合は、あまりビジネスライクなツイートばかりをしてしまうと、フォロワーが離れてしまい宣伝が逆効果になってしまいます。
SNSでも人と人とのつながりを大事にして、その合間に少しだけ会社をアピールさせてもらうという姿勢を崩してはいけません。

・SNS広告に課金する
SNSには、お金を払うことで広告を載せられるサービスがあります。
広告で会社を紹介すれば、より早くたくさんの人に会社の存在が認知されますので、お金はかかりますが積極的に課金した方がいいでしょう。
特に、会社を立ち上げたばかりの時は、世間からの認知度は極めて低いですので、SNSを存分に活用して、ブランディング化していくようにく工夫してみましょう。

個人事業主のための税理士ガイド | 10月15日更新

会社設立を簡素化させる専門家

会社設立 税理士

会社設立に関しては、手続きや申請がとても面倒や手間だったりします。
手順を追ってやっていけばそこまで難しくないのですが、やはり流れなどがわかっていないということもあって、迷ってしまうということもあります。
会社設立を行いたい方は、簡素化できるようにしていくと良いです。
しかし、手続きや申請に関して簡素化すると言っても、どうすれば良いのでしょうか。
そんな時に活用したいのが、各分野に特化している専門家たちです。
代表的な専門家としては、司法書士や行政書士、税理士などがいるでしょう。
この手の専門家は色々と相談することもでき、経営はもちろん運営に関してもアドバイスをくれることが多いです。
また、会社設立で必要となってくる手続きや申請を代行してくれるので、とても助かるはずです。
近年は専門家と言ってもピンキリですが、それぞれ実績と経験が豊富な方であれば、かなり心強い味方になってくれるのではないでしょうか。

なお、良い専門家の見つけ方としては、とにかく相談してみるしかありません。
近年は相談だけなら無料というところもあるので、そちらで話を聞いてもらってみると良いのではないでしょうか。
基本的に専門家は色々な知識を持っているので、対応してくれること自体はあまり差がありません。
しかし、真摯に対応してくれるかどうかによって、やはり頼りになるかどうか決まります。
そこは一度相談してみて、良さそうだと思った場合は、相談してみてください。
なお、司法書士や行政書士、税理士というのは会社設立後も頼りになるかもしれません。
特に必要となる手続きや申請がある場合は、司法書士や行政書士への相談が有効です。
その他、税金や年金、保険などに関して相談がある場合は税理士がおすすめです。
これらの専門家は常に新しい知識を身に付けているので、より対応もスムーズとなります。
そこを使っていかない手はありません。

ただ、専門家とは言っても、やはり合う合わないというのがあるので、そこは注意です。
特に会社設立を簡素化したいということであれば、それに特化した専門家を使うのが良いかもしれません。
もちろん、会社設立に関しては代行してくれる専門家もいるので、手間や面倒だと思った場合には、専門家に代行してもらっても良いかもしれません。
上手に活用すれば、より会社設立も簡素化していくことができるでしょう。
自分でやっても良いですが、やはりミスを少なくするためにも、まずは専門家への相談がおすすめです。

個人事業主のための税理士ガイド | 09月15日更新

東京の税理士さんに相談してみました

会社設立 税理士01

税理士の中には税理士以外の資格を持っている人も多く、会社設立を税理士と一緒に進めていきたいという人の需要に応えることができる人も増えています。
そこで今回は会社設立の一連の流れと同時に税理士が関われる部分をお伝えしていきますので、これから税理士に依頼したいと考えている方は参考にしてください。

まずは会社設立する手順を知っておいて欲しいのですが、これは会社名・会社の所在地・事業内容の3つを決めるところからスタートします。
順番としては事業内容→会社名→会社の所在地の流れで決めていくとスムーズになるので発起人同士で話し合ってください。

事業内容は基本的に自分たちのやりたいことをやればいいのですが、会社名を決めるときにそのワードが商号登録されていると、それを使うことができませんし商号調査をしないまま登記まで進んでしまって登記申請時にNGとなる可能性がありますから、会社名を決めるときにはあらかじめ商号調査を行い、使用可能な会社名なのかチェックしておくといいでしょう。

会社の所在地を決めるときも、ただ自分たちがやりたい場所にするのではなく、従業員や求人を出すときのことも考えて十分に検討しなければなりませんが、中でもアクセス面は求人を出すときの大きなポイントになりますのでできるだけ良い条件の場所のほうがおすすめです。
次に会社の役員などを決める機関設計を行いますが、これは役員候補となる発起人全員で話し合って決め、その後定款の作成に移ります。

定款には機関設計や会社名・会社の所在地・事業内容や資本金についても記載しなければなりませんので、この時点でほぼ決めるべきことは決めておかなければなりません。
ここまでの業務は税理士があまり関わることもありませんが、司法書士や行政書士の資格を持つ税理士なら書類作成の代行も可能なのでとても役立ちます。

そして株式会社の場合は定款の認証が必要になりますので、それが終わったら資本金の振り込みを行い、登記申請をして許可が出れば晴れて会社設立手続きが完了となります。

登記書類の作成と申請代行は司法書士のみが担当できますから、税理士のみの資格や司法書士の資格を持たない人では代行できないので司法書士に別で頼むか自分でやりましょう。
登記が終わればあとは各種届出やインターネット回線、賃貸などの契約をするだけです。

会社設立後の祝いをもらったりすることもあると思いますが、そういったものも担当してくれている税理士と共有するとより絆は深まります。

個人事業主のための税理士ガイド | 08月06日更新

ベンチャーの味方・税理士に相談しよう

会社設立

今、若い世代も積極的に会社設立する時代になっていますが、これは会社法が改正されて株式会社でも資本金の設定がなくなったことが大きく関係しています。
それまでの会社法では株式会社を立ち上げるためには必ず1,000万円以上の資本金を用意しなければなりませんでしたが、この法律が廃除されたことによってあまり資金が用意できなくても株式会社として運営できるようになりましたので、そのメリットを活かせるようになったのです。

株式会社のメリットと言えばまずあげられるのが信頼性の高さで、これは実際にビジネスシーンに身を置いている人ならだれもが実感することではないでしょうか?
たとえばどこかの企業と取引する際にも株式会社だと安心感がありますし、信頼できるところだと思えますから、これだけでも大きなアドバンテージになります。

また、インターネットの大幅な普及にともなってマーケットが大きく拡大されたことも大きな影響があって、これまでは狭いエリア内でしか活動できなかったのがインターネットを利用することで世界中に発信できるようになりました。
したがってあまり人件費をかけなくても自分の会社を設立し、運営できる環境が整っているので、今後はさらに新規事業を展開する人たちが多くなるのではないでしょうか?

そうなってくるとベンチャー企業と呼ばれる新しいことにチャレンジする若者もどんどん多くなるでしょうし、その結果日本経済はさらに発展していくと思います。
ベンチャー企業に限らずはじめて会社設立する人にとって不安になるのがお金の面だと思いますが、中でも企業に関係するお金と言えば税金があげられます。

法人税や法人住民税、消費税など会社設立することによってかかる税金はいくつもありますし、その特徴をきちんと把握しておかなければいけませんので、専門家に相談しながら進めていくことをおすすめします。
税金に関する専門家と言えば税理士で、会社設立後に顧問契約する人も多いそうですから、税金の不安を解消したい、あるいは信頼できる人に任せたいのであれば早めに税理士に依頼しておくといいでしょう。

税理士は税務全般を担当してくれますし、顧問契約しておけば年間を通してアドバイスをもらえますから、ちょっとした不安があってもすぐに聞けます。
税理士事務所の中にはホームページを持っているところも多いので、探すときにはまず税理士事務所のホームページをチェックしてみるといいでしょう。

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

個人事業主向けの税理士の費用相場

税理士を利用するときはもちろん費用が必要です。
では個人事業主が相談や依頼をしたときの費用相場は、どれくらいでしょうか?
続きを読む

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

個人事業主は税理士に節税相談はできる?

税理士によくある相談といえば、節税がありますよね。
個人事業主の方でもこれができます。
やっている方も多いですよ。
ここでできる相談内容とは、現在の会計や事業の状況などの詳細を税理士へ伝えた上で、節税するためにはどうすればいいかといったことです。
その結果、現在できる節税策を教えてもらえます。
続きを読む

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

個人事業主が確定申告で税理士に相談できること

個人事業主の方が税理士へ相談したいのは、確定申告のことではないでしょうか?
独立すると仕事を回すことで精一杯かもしれませんが、それができたら今度はこちらに対応しないといけません。
勤め人の間は自分でやる必要がないため、独立して初めてこれをやる方も多いでしょう。
続きを読む

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

フリーランス向きの税理士の選び方

フリーランスの方に向いている税理士の選び方についてご紹介します。
まずは個人でも利用できるかで、大まかに絞り込むといいです。
税理士は個人で顧客を募集して仕事をしていますが、このときに誰をお客さんとしているか、大まかに決まっていることがあります。
続きを読む

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

フリーランスができる税理士への相談内容

フリーランスの方が税理士へ相談できる内容といえば、まず税金関係のことです。
税理士は税金の専門家ですから、税務やそれに必要な会計処理などが本業となります。
フリーで仕事をする上では、これら税金や会計処理で困ることもあるでしょう。
これを相談する相手としておすすめなのが税理士です。
続きを読む

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

個人事業主の税理士顧問料は?

個人事業主の方が税理士まで顧問契約を頼むと、その顧問料はいくらになるでしょうか?
顧問契約とは、自分の専属税理士となり、継続的に相談などができる契約のことですね。
法人ではこのような契約が一般的で、自社専属の税理士を持っている場合も多いです。
続きを読む

top