法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

会社設立の挨拶と宣伝

個人事業主のための税理士ガイド | 11月13日更新

会社設立

・会社設立後の挨拶は大事
会社設立後の挨拶は、会社を設立したことを周りに知らせる宣伝にもなります。
今回は、挨拶のマナーと会社を宣伝するための方法を、いくつか紹介したいと思います。

・会社設立の挨拶はどこにすればいい?
会社設立をした時に挨拶する相手は、取引先を始め、付き合いのある友人や、元いた会社の職場の上司、知人や、会社を設立するにあたって協力してくれた人、親や兄弟などです。
必ず送らなければならないというわけではありませんが、近しい間柄の人に対しては、挨拶を送るのがマナーだと考えられます。
挨拶をすることで、近しい人たちから口コミで、会社を宣伝してくれるかもしれません。
会社設立の挨拶は、宣伝の一面もあるということを念頭に置いて、丁寧に行っていきましょう。

・会社を宣伝する方法
会社設立の手続き、設立後の書類提出、得意先への挨拶が済んだら、今度はいよいよ本業ということになります。
本業で利益を出すには、やはり会社の宣伝は欠かせません。
会社の宣伝というと、広告やTVコマーシャルという手段が一般的でしたが、今はSNSが強力な販促ツールとして活用されています。
Twitterやインスタグラム、ブログ、ホームページなど、インターネット系のツールを使って会社の存在をアピールすると、効果的に会社をブランディングできるでしょう。

・SNSを育てて会社の宣伝に使う
SNSで会社設立をしたことを公開することで、フォロワーに一気に拡散され、会社の知名度が広がります。
フォロワー数が多ければ多いほど会社の宣伝になりますので、個人の時からコツコツとフォロワー数を増やしていくことを、やっておいた方がいいでしょう。
ただし、TwitterのようなSNSの場合は、あまりビジネスライクなツイートばかりをしてしまうと、フォロワーが離れてしまい宣伝が逆効果になってしまいます。
SNSでも人と人とのつながりを大事にして、その合間に少しだけ会社をアピールさせてもらうという姿勢を崩してはいけません。

・SNS広告に課金する
SNSには、お金を払うことで広告を載せられるサービスがあります。
広告で会社を紹介すれば、より早くたくさんの人に会社の存在が認知されますので、お金はかかりますが積極的に課金した方がいいでしょう。
特に、会社を立ち上げたばかりの時は、世間からの認知度は極めて低いですので、SNSを存分に活用して、ブランディング化していくようにく工夫してみましょう。

top