法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

税理士を個人事業主が使うメリット

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

税理士を個人事業主が使うメリットはなんでしょうか?
それは税務の負担が軽くなることです。
フリーランスは税務をすべて自分でこなす必要があります。
慣れない作業や見慣れない税金などもあるでしょうが、対応する方の経験や知識とは関係なく、不備なくこれらをこなさないといけません。

もし不備があったら、それはその方個人の責任となり、自分で申告内容を修正する必要があります。
結果的に過少申告になっていたら、不足分の税金を納め、さらには納税が遅れたことへの罰則課税にも応じないといけません。
このように個人事業主の方は税務に対する重い責任があるのですが、これら税金の仕組みや手続きに詳しい方ばかりではないですよね。
本業の片手間でやるにはかなりの負担になるでしょうが、税理士の力を借りれば専門家によるサポートを受けられるため、負担が軽くなります。

ここで軽くなるその負担とは、心理的なものだけではありません。
税理士の力を借りると、これら税金の対応方法を指導してもらえますが、手続きも頼めます。
つまりこれら税金の手間を、すべて税理士に肩代わりしてもらえるんです。
餅は餅屋として税金のことは税理士に任せておけばずっと早い上に、申告に不備が出る確率も下がります。
個人事業主の方にとっては、税務のことを忘れて本業に打ち込めるようになるため、とてもメリットが大きいですよ。

このほか、本業に関係ないもう1つの負担をなくせるというメリットもあります。
それは記帳の手間です。
個人事業主はその事業にかかった収支の流れを記録しないといけません。
家計簿にかなり近いものですが、これはどの個人事業主もやる必要があります。

これも本業とは関係ない事務作業で、個人事業主にとって負担となりがちです。
これの手間も面倒なら税理士へ依頼できます。
何月何日にいくらといったお金の流れさえ伝えれば、あとは税理士の方で記帳してくれます。
これでほぼ完全に本業へと集中できますね。
税理士は個人事業主にとってこのようなメリットがあります。

top