法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

フリーランスに税理士が必要なわけ

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

フリーランスの方の場合、税理士の力が必要になることは多いです。
個人事業主の方は実際に使っている方も多いんですよ。
しかしまだ税理士を使っていない方など、なぜこの専門家の力が必要なのか、よくわからない方も多いのではないでしょうか?

独立後、感覚的には勤め人時代と大きくは変わらない方も多いと思います。
せいぜいの変化が、通帳に振り込む相手の名前が勤め先から取引先に変わっただけだと、感覚的には勤め人とあまり変わりませんよね。
しかし独立後には大きな変化があります。
それはすべての税務を自分でやることです。
勤め人なら収入の申告などは基本的に会社がやってくれます。
従業員は何も気にせず、毎日働くだけでいいんですね。

では独立後はどうかというと、個人事業主の税務を代わりにやってくれる相手はいないわけです。
これまで勤め先の会社が自社と従業員の税務をすべてやっていたように、個人事業主は自分の税務を自分でやらないといけません。
これが大きな変化で、そのために税理士の力が必要になるんです。
自分の税務をやる必要があるのはわかったとして、では何をどうすればいいんでしょうか?

基本的には所得税の申告、つまり確定申告の対応です。
このほか、売上規模によっては事業税や消費税の対応も必要です。
これらは少なくとも勤め人でいる限り、ほとんど縁のない税金です。
それらも場合によっては対象になってきますから、本業とあわせてこの税務への対応は決しておろそかにできません。

とはいえ、本業も忙しい中で、これら税務をすべて自分で対応するのは大変ですよね。
専門家によるサポートがほしいところでしょう。
それを頼めるのが税理士というわけです。
対応が必要になる税金について案内してくれますし、場合によっては手続きの依頼などもできます。
これら税務への対応も含めて、いろいろと必要な仕事や作業を手伝ってくれますよ。
このようにフリーランスは勤め人と違い、税務を自分で対応する必要があるため、税理士の力も必要になります。

top