法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

ベンチャーの味方・税理士に相談しよう

個人事業主のための税理士ガイド | 08月06日更新

会社設立

今、若い世代も積極的に会社設立する時代になっていますが、これは会社法が改正されて株式会社でも資本金の設定がなくなったことが大きく関係しています。
それまでの会社法では株式会社を立ち上げるためには必ず1,000万円以上の資本金を用意しなければなりませんでしたが、この法律が廃除されたことによってあまり資金が用意できなくても株式会社として運営できるようになりましたので、そのメリットを活かせるようになったのです。

株式会社のメリットと言えばまずあげられるのが信頼性の高さで、これは実際にビジネスシーンに身を置いている人ならだれもが実感することではないでしょうか?
たとえばどこかの企業と取引する際にも株式会社だと安心感がありますし、信頼できるところだと思えますから、これだけでも大きなアドバンテージになります。

また、インターネットの大幅な普及にともなってマーケットが大きく拡大されたことも大きな影響があって、これまでは狭いエリア内でしか活動できなかったのがインターネットを利用することで世界中に発信できるようになりました。
したがってあまり人件費をかけなくても自分の会社を設立し、運営できる環境が整っているので、今後はさらに新規事業を展開する人たちが多くなるのではないでしょうか?

そうなってくるとベンチャー企業と呼ばれる新しいことにチャレンジする若者もどんどん多くなるでしょうし、その結果日本経済はさらに発展していくと思います。
ベンチャー企業に限らずはじめて会社設立する人にとって不安になるのがお金の面だと思いますが、中でも企業に関係するお金と言えば税金があげられます。

法人税や法人住民税、消費税など会社設立することによってかかる税金はいくつもありますし、その特徴をきちんと把握しておかなければいけませんので、専門家に相談しながら進めていくことをおすすめします。
税金に関する専門家と言えば税理士で、会社設立後に顧問契約する人も多いそうですから、税金の不安を解消したい、あるいは信頼できる人に任せたいのであれば早めに税理士に依頼しておくといいでしょう。

税理士は税務全般を担当してくれますし、顧問契約しておけば年間を通してアドバイスをもらえますから、ちょっとした不安があってもすぐに聞けます。
税理士事務所の中にはホームページを持っているところも多いので、探すときにはまず税理士事務所のホームページをチェックしてみるといいでしょう。

top