法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

個人事業主が確定申告で税理士に相談できること

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

個人事業主の方が税理士へ相談したいのは、確定申告のことではないでしょうか?
独立すると仕事を回すことで精一杯かもしれませんが、それができたら今度はこちらに対応しないといけません。
勤め人の間は自分でやる必要がないため、独立して初めてこれをやる方も多いでしょう。

このことでは税理士に多くのことを相談できます。
個人事業主を主な顧客にしている税理士にとって、確定申告の相談や依頼は基本だからです。
それだけこれで困っている個人事業主の方が多いんですね。

相談できる内容は、たとえば申告手続きの方法についてです。
独立すると、仕事のために必要だった経費は自分で取りまとめ、それを所定の用紙に記入の上、税務署へ申告しないといけません。
これをやらないと課税額が大きくなり、税金も高くなります。
できるだけこれをきちんとやりたい方が大半でしょうが、このときに経費として認められるもの、NGになるものの見分けで困ることが多いですね。
また、経費として計上したいとき、それをどうやって処理すればいいのか、ここも初めてだと分からないことが多いでしょう。
これを聞く相手として最適なのが税理士です。
経費にできるもの、できないものの見分けや、その処理方法などをプロが教えてくれますよ。

これら手続きが複雑すぎてよくわからなかったり、本業が忙しいときは、税理士まで手続き代行の相談もできます。
確定申告は本来自分でやらないといけませんが、職権でこれを代行できるのも税理士の特徴です。
引き受けてもらえれば、個人事業主の方の申告内容を税理士が取りまとめ、管轄の税務署まで届けてくれます。
個人事業主の方は何もしなくても、申告が終わります。

ただ、このように申告をすべて税理士にやってもらうには、記帳内容はすべて自分でできていることが前提です。
申告の時期にこれがまだできていない場合は、確定申告の代行とともに記帳の作成まで含めて依頼しないと、申告の代理は引き受けてもらえません。
これを希望するときは、記帳と申告の代理を両方お願いできるか、税理士まで相談してください。
これも引き受けてくれる方はいます。
確定申告について、個人事業主の方はこのようなことを相談できます。

top