法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

フリーランス向きの税理士の選び方

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

フリーランスの方に向いている税理士の選び方についてご紹介します。
まずは個人でも利用できるかで、大まかに絞り込むといいです。
税理士は個人で顧客を募集して仕事をしていますが、このときに誰をお客さんとしているか、大まかに決まっていることがあります。

フリーランスの方にとって気を付けたいのが、主に法人を顧客としている例です。
法人の決算は税理士でないと対応できない内容が多いため、法人からの需要はとても大きいものがあります。
そのため、主にそちらへの対応をしている税理士も多いんですね。
このような場合でも個人での依頼ができないわけではありませんが、個人を主な顧客にしている税理士もいます。
そちらの方がフリーランスの方の依頼や相談を受けてもらえることが多いため、まずは大雑把にこのような税理士を探してみましょう。

次に依頼できる内容や料金をチェックしてください。
各税理士が対応できる相談内容などは、まったく同じではありません。
また、料金もそれぞれの税理士で決められるため、各事務所などによって差があります。
これらをチェックし、頼みたい相談事ができることや、その料金が妥当な税理士を選んでください。
これらのチェック方法は、それぞれの税理士事務所のHPなどがオススメです。

このようにして候補者を絞り込めたら、その中で選ぶといいでしょう。
継続的な付き合いになるなら、税理士の人柄もここでチェックしておくといいです。
といいますのも、これから長い付き合いになる税理士は、人柄での相性も大事だからです。
これが合わなくて税理士を変更したという事例もあります。

特にフリーランスの方など、自分一人で仕事をするため、税理士とのやりとりもすべて自分でやらないといけません。
人柄が合わないと、税理士への依頼や相談の進み具合にも影響が出る場合もあります。
長い付き合いを希望するときほど、人柄の相性はチェックしておくといいです。
チェック方法は、実際に会ってみたときの印象で判断してOKですよ。
フリーランスの方に向いている税理士の選び方は以上です。

top