法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

フリーランスができる税理士への相談内容

個人事業主のための税理士ガイド | 07月29日更新

フリーランスの方が税理士へ相談できる内容といえば、まず税金関係のことです。
税理士は税金の専門家ですから、税務やそれに必要な会計処理などが本業となります。
フリーで仕事をする上では、これら税金や会計処理で困ることもあるでしょう。
これを相談する相手としておすすめなのが税理士です。

相談できる税金の種類ですが、よくあるのは所得税ですね。
いわゆる確定申告の相談は、この所得税についての相談になります。
ちなみに勤め人時代にこれをやったことがある方も、独立後は一度相談するのもおすすめですよ。
フリーランスとしての申告方法は、給与所得者の申告方法と違いがあるからです。
個人自営業者としてどう申告すればいいのかは、税理士がよく知っています。

これが相談内容としては基本ですが、これ以外の税金についての相談もOKです。
フリーランスだからこそ経験する税金といえば、事業税がありますね。
実は事業をやること自体も課税対象で、場合によっては税金が課せられます。
独立したばかりではこれを課税されないこともありますが、それは売上が少ないために、この税金の基礎控除内に収まるからなんですね。
売上が増えると基礎控除を超えるため、事業税も払わないといけません。
そのときは計算方法や申告方法などを自分で確認し、手続きする必要があります。
この相談も税理士にできますよ。

さらにフリーランスの方でも、売上が1000万円を超えると消費税の納税責任者になります。
このときはお客さんから預かっている消費税を納めないといけません。
これの手続きなど、よくわからないことの方が多いでしょう。
これについても税理士に相談できます。

このように独立して仕事をする中で、税金の手続きが必要になることは多いです。
その手続きがわからないときは、税理士まで相談してみましょう。
手続きの詳細を教えてもらえますし、手続きの代行の依頼ができることも非常に多いです。
いずれにせよ本業とは関係ない手間になりがちな税務を、スムーズに片づけられますよ。

top