法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?
法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

個人事業主が頼れる税理士とは

税理士を利用するのは法人のイメージが強いかもしれませんが、個人でも利用できます。
個人事業主の方など、勤め人の方よりも税金の手続きが必要なことも多いですから、頼れる税理士のことを知っておくといいですよ。

まず税理士とは、士業の1つで専門は税金です。
この分野で聞きたいことや相談したいこと、頼みたいことなどあれば、基本的にどなたでも利用できます。
個人事業主でももちろんOKなんですね。
個人事業主にとって税理士は大事なパートナーになります。
税理士とのパートナーシップをいかに作れるかが、個人事業主としての成功率を左右することもあります。
それだけ税理士を頼るメリットは大きく、個人で事業を運営する中で上手に活用したい専門家なんですね。

税理士を頼ると、どんないいことがあるんでしょうか?
簡単にいえば、その事業を行う中でかかる税金について、自分で完璧に対応できなくてもよくなります。
個人事業主として活動を始めると、勤め人の頃には関わりのなかった多くの税金に対応する必要が出てきます。
中には初めて知ったような税金もあり、対応するといっても仕組みすらよくわからないことがあるでしょう。
そんなときに頼れるのが、その専門家となる税理士です。
自分の住んでいる場所の近くの税理士、例えば大阪に住んでいるなら事務所が大阪の税理士を探すとよいでしょう。
相談すればその税金について教えてもらえますし、概要を教わるだけでなく、相談者の事業に当てはめてどんな対応が必要なのか、具体的な回答をもらえます。

ちなみに実際の手続きの大部分をお願いするのもOKです。
税金への対応が難しいなら、誰かにやってもらいたいと思いますよね。
そのとき税金に詳しい知り合いなどを探すかもしれませんが、それはNGです。
基本的に税務は該当者が自分で対応しなければならず、それ以外の方が代わりにやるのは禁じられています。
これを唯一頼めるのが専門職となる税理士です。
この点も覚えておくといいですよ。

税理士の力を借りつつこれら税金に対応すると、確実に税務をこなせますよね。
これはとても大事なことです。
税務に不備があるのは、事業の運営にとってリスクでしかありません。

税金は申告した時点ではその内容を厳しくチェックされません。
自己申告制となっているこれら多くの税務は、不備なくきちんと対応されているのが前提なんです。
つまりその税務についてよくわかっておらず、見よう見まねで申告しても、計算間違いや記入漏れといった単純ミスがない限り、税務署の方からその場で不備を指摘されることはありません。
間違いなどはないものとして、これら申告は受理されるんですね。

それでもし間違いがあったときは、納税者がその責任を問われます。
仮に悪意がなかったとしても、場合によっては脱税として扱われる事例もあります
もしそうなった場合、事業者としての社会的信用を失くしますよね。
税務の不備はこのようなリスクがあるため、確実にこなすことが大事です。
税理士をパートナーとし、それぞれの税務を確実にこなしていけば、このようなリスクを最小限に留められるんです。
これが個人事業主の方にとって、税理士を利用する大きなメリットの1つになりますね。

特に個人事業者として知っておきたいことに、税務調査のことがあります。
これも勤め人をしていれば気にする機会はあまりないのですが、これは税金の申告の正確性をチェックされる調査です。
税務署から専門の調査官が派遣され、その事業の事務所を調査されます。
調査方法は対面式で、ちょっとした面接のような形で行われます。
このような調査は法人の方が入りやすいのですが、個人事業主の方でも対象になることはあります。
実際にこれが来た方もおられますから、もし来ても問題ないように、日頃から税務をこなすことが大事です。
そしてこのときもパートナーの税理士がいるかどうかが、明暗を分けることもありますよ。

税理士だけが他人の税務を代行できるように、税務調査に立ち会いができるのも基本的に税理士です。
調査官からの質問に、税理士の方からも答えてくれますよ。
個人事業主の方でこれを何度も経験した方はあまりいませんが、税理士なら何度も経験している場合もあります。
そのような専門家がパートナーにいれば調査の流れやポイントなどもわかっていますから、より確実に対応してくれますよ。

このように個人事業主にとって税金の対応は必ず必要ですから、税理士のメリットは多いんです。
また、税金から派生してその他の相談や依頼ができることも多いですから、パートナーを見つけていて損はありません。
ここで依頼できるその他のこととは、たとえば事業の運営相談などです。
税理士はこのようなアドバイスの提案などにも応じていることがあり、どのように事業を運営したらいいか、相談すればアドバイスをもらえることがあります。
個人事業主にとっては貴重な意見となるでしょう。

また、節税などの観点から、法人化の相談や手続きの依頼などができる場合もあります。
売上が増えてくると、法人化した方が税金を抑えられることがありますからね。
そのような提案や、法人化のプランの立案なども相談できますよ。
法人化ならベンチャーサポート税理士法人がおすすめです。

このように個人事業主にとって税理士は貴重なパートナーとなります。
相談したいことなどあれば、一度相談してみるといいです。

top